fc2ブログ
マルチディスプレイ
頼んでいたディスプレイが届いた。
早速とりつけたのだがどうにも画面が表示できないでござる…。

なぜだああああ!?
あいているHDMIを使ったのだがそれじゃダメなのでしょうかね?

なんかそういうマルチディスプレイ用の機器があるので最終的にはそれ買おうっと。
2014032202_201403222337191f9.jpg
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
(エヴァの話じゃないです、はい。)

何かを作っている時(自分だったらイラストや漫画)によく思うのが、、頑張れば頑張るほど目の前の作品がいいのか悪いのかわからなくなってきてしまう。
だって、いいと思ったことをやってるんですもの。

でもまぁそうはいってもやっぱり時々「んっ?」となる時がある。「あぁ、見つけちゃった」みたいな(笑)
でも大抵は一瞬心のなかでチクっとなる程度。



直すか、見なかったことにするか。
2014031601.jpg




それを直すための行程を考えてみる。
「レイヤー3つ分変えなきゃな」
「あれっブラシ設定どうしたっけ?」
「資料またさがさなきゃ」
「ああっ、この子ずらすってことは隣の子もちょっとずらさなきゃだめじゃん」
などなど…
結構面倒だ…
もう一度考える。



直すのか、見なかったことにしちゃうのか?
2014031602_20140316230237d92.jpg




でもそこで逃げては次もその次もきっと逃げるんだろうな。そう思うとじゃあ立ち向かっちゃおうか、ってなる。
なんとか決断をして頑張って直してみる。

で、頑張ってもやっぱりそこまで印象は変わらなかったりするんですよ。
のっかていたホコリをふっ、と吹いた程度。


ただ、幸い、本当に幸いなことに自分のまわりには「ちょっと逃げちゃった部分」をさらっと指摘出来るレベルの高い方々がいらっしゃる(笑)
ありがたいことです、これは本当に。
気づいてくれるから、迷った時に「しょうがない頑張るか~」って心の中であと押ししてもらう。
環境って大事です。


だから今の課題は派手な技術を学ぶことではなく、いかに細部に気を払えるか、に重点を置いていこうと思ってます。

めっちゃ疲れるんですけどね、これ。
でもそれだけの価値はあると思います。
時間を区切って集中力を保つ!
「今日は仕事がないから仕事ができる日だー」
なんてよくわからない心のつぶやきから始まった本日。

今日は人から教えてもらった方法を試してみました。
絵を描くとき、意識的に時間を決めて作業する。
やり方そのものはとてもシンプル。

50分作業したら10分休憩。
20140313.jpg


おおっ、普段より集中できる!!

細かく終わりがあるってこんなに頑張れちゃうものなのかと感動。
気も散りにくくてやってることが脱線していくことも大分抑えられるという。

はぁ~やり方って、大事なんですね。


まぁそれでも後半HPとMPが減ってきてだらけ気味に。(今)

というわけでなんとかバシッと0の状態に戻る方法を考え中。
自分の(今の)下書きの仕方
最近絵を描くときの下書きはあまりきっちり線を引かないようにしてます。
手、というか腕ってかなり可動域に制約があって、はじめからきっちり描こうとすると、その腕の可動域にひっぱられて描きたい線が描けないから。

ストロークは結構短めにして点を打ってくくらいの感覚で全体的に描いていく。
そうするとバランスがとりやすくて思ったものが描けちゃう。

まぁこういう感覚ってその時々の自分の技術で変わってくるしなんともいえんのですけど、今はこのやり方が一番早くて正確に描ける気がします。
丁寧にやれば「ペン入れするのにどの線を信じたらいいかわからない」なんてこともないですし。
最近ペン入れのレベルアップを怠っていたもので参考資料に
こんなの買いました
↓セルジオ・トッピ著『シェヘラザード 千夜一夜物語』
131229_0000~01
表紙がめっちゃ綺麗な装丁で思わず手には取れなかったのです。
131229_0001~01
そしてそして中を見てさらにビックリ。なんてペンワーク。描きこみがびっしり、でも少しもうざくない。
画力が半端ない…。
131229_0002~01

お値段はそこそこ(3200円+税)。しかし全く悔いのない買い物。
今家でほっこりとニヤニヤしながら眺めてます。
ジャンルはなんだろ、一応漫画なのかな、でもどちらかというと絵本を読んでる感覚に近いです。というよりもはや画集?

模写して技術を吸い尽くしてくれるわっ!

…1枚描くだけでも大変そうだぁ。